03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-03-07 (Tue)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。


***



密林さんで買いました。

5巻の感想で『また1年後~』なんて書いてましたが、1年以上待ちましたね;。
コミックス派としては、1年ごとに発売してほしい。←無理なのは承知してます。。

波乱だらけの修学旅行が終わって、
雨降って地固まる…な育美と千隼のラブいちゃが見れて嬉しかったです。
前の時にも思ったけど、二宮先生の描くキスシーンがキレイで素敵で…大好物です(・∀・)ニヤニヤ。

ここにきて、新キャラが登場。
若木さんの亡くなった弟さんの友人なんだけど、不穏な雰囲気が…。
またまた気になる終わり方をしているので、先が気になります。
次巻では、若木さんの過去話が中心になるのかなぁ~。。


■PR


災厄は僕を好きすぎる5 (キャラコミックス)
↑密林さんには、1~3巻が無かったよ;。残念。。

Return

スポンサーサイト
* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-01-18 (Wed)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。



***



【CD情報】
キャスト▼

椎堂真史:古川慎 杉本有:村瀬歩
五月女慧斗:白井悠介 五月女春惟:増田俊樹
六甲綾人:八代拓 央田尋:新垣樽助
学校司書:桑原由気 五月女母:神田みか 五月女父:奥村翔

あらすじ▼
 クリスマスに大晦日。寒い季節だからこそ恋人に贈るとびきりホットなGIFTたち!
 [SIDE 椎堂×有]Act.1「斯くして、僕等は」
  終業式の放課後。居残り勉強をしていた有と椎堂。誰もいない図書室でふたりは。
 [SIDE 慧斗×春惟]Act.2「やわらかくてあまくて、でも痛い」
  両親がいない自宅で、ふたりっきりで過ごすクリスマスイヴ。期待に胸を膨らませる春惟に……。
 [SIDE 六甲×央田]Act.3「Like a HONEYMOON」
  正月を一緒に迎えたいと央田先生を旅行に誘った六甲。甘く濃密な年越しスタート!

【感想】
アニメイト限定盤を買いました。
3組のトークも聴けて、大満足でした。
古川さんと村瀬さんの収録裏話に(・∀・)ニヤニヤしちゃいましたw。
演じているお2人も恥ずかしいですねww。

1st.シーズンの時も思いましたが、カップルの枠を超えてのやり取りが楽しめるのもいいですね。
付き合っている相手の話をする有と春惟とか。
2nd.組はオープンには出来ない関係なので、微妙な感じになるのも納得。

本編、特典とずーっとラブラブイチャイチャがいっぱい聴けて大満足です。
恋人同士になった話なので、密度が濃いです。
分かっていたけど、エロ度も上がっているので、(・∀・)ニヤニヤが止まらなかったです。

私的には、一番のお気に入りは椎堂と有です。
トロトロに蕩けちゃっている有がエロかわいくて仕方なかったですv。
図書室でっていうシチュエーションも萌えますねっvv。

Return

* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-12-07 (Wed)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。


***



【CD情報】
キャスト▼

梓裕也:内田雄馬 刈野滉平:小野友樹
久世那月:佐藤拓也 日下部あつむ:村瀬歩
巽耀一郎:榎木淳弥 梓の母:藤田奈央 
溝端:上住谷崇 加奈子:小堀友里絵 由美:石上静香
化学教師:浜添伸也 体育教師:岡井カツノリ 古文教師:早川毅
男子:佐々木義人/熊谷健太郎/石原雅人/佐藤巧
梓(子供):杉山里穂

あらすじ▼
 手にした札によって、クラス内での自分の階級が決まる。これは教師は絶対知らない、生徒だけの秘密のゲームだ。梓はカーストゲームで最上級の札「キング」を手にし、クラスの頂点に君臨していた。だが、懐柔していたつもりの取り巻きの刈野に欺かれ、最底辺の「ターゲット」(いじめの標的)に落ち、プライドは粉々に。しかも刈野は、新キングの座を手にしたのだ。クラス全員にいたぶられる梓を前に刈野は「俺に犯されるか皆にマワされるか選べ」と究極の選択を迫り……!!

【感想】
原作は電子版で既読済みです。

原作から、刈野の裏切りシーンにゾクゾクしていたので、
イメージ通りに演じてられていて、再びゾクゾクさせていただきました。
下僕の時との落差がいい感じで素敵でした。
おのゆー、鬼畜な刈野さんをありがとうございますv。

梓はゆうまたそのメインのBLCDは初めて聴きましたが、
ちょいハスキーな声が合ってって、めちゃくちゃエロかったです。
どんな状況に追い込まれても、壊れない強気な梓はイメージ通りでした。

2巻のCD化も決まったみたいなので、
今回出番が少なかった久世とあつむの話も楽しみです。
…こっちもいろいろ壊れている関係なので。
特に久世くんのあのシーンがどうなっているか…気になりますね。
あと4Pも…。カットされなきゃいいなぁ~。


【原作】

Return

* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-12-05 (Mon)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。



***



【CD情報】
キャスト▼
六甲綾人:八代拓 央田尋:新垣樽助

あらすじ▼
 文化祭も間近の日曜日。夕暮れの美術室でひとり絵を描く美術教師の央田のもとにやってきた六甲。爽やかな優等生の顔をしたまま、六甲は央田に囁く。「ねえ、センセイ。セックスしませんか?」軽い誘いの裏に隠された六甲の想いに央田が返した答えはなんと。

【感想】
アニメイト限定盤を買いました。
キャストトークでピアスや刺青の話が出てましたが、
私も痛そうなのでパスですね。耳ですら怖くてしてません;。
…両方やっている央田先生、凄すぎます。
しかも局部だから。局部っ。

央田先生はイメージ通り、エロかったですv。
猫かぶりの六甲くんの心の奥を暴いていくシーンはゾクゾクしました。
変態だけど、なんだかんだ言っても『先生』なんだな、と思いました。
手段はともかく…。

六甲くんはイラストのイメージと比べて、ちょっと若い感じがしました。
もうちょっとギラギラしているイメージだったのですが、爽やか好青年声でした。
猫かぶりの理由も明かされてますが、ちょっと悲しくなりましたが、
これからは先生と一緒に幸せになるんだよっ、て思いましたv。

…そういえば、新垣さんと矢代くんのメインのBLCDって初めて聴きました。
現実的に、全作品を聴けないのが非常に残念です。

シリーズとしては、12月にアフターディスクが発売されるので、今から楽しみです♪

Return

* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-11-23 (Wed)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。



***


彼らの恋の行方をただひたすらに見守るCD「男子高校生、はじめての」 (第5弾 兄弟だから、何もない)(通常盤)

【CD情報】
キャスト▼
五月女慧斗:白井悠介 五月女春惟:増田俊樹

あらすじ▼
 いつもにこにこしている五月女家の長男・春惟は、いつでも「本気の恋」を繰り返している。そんな義兄を複雑な気持ちで見守る次男・慧斗。親同士の再婚で兄弟となったふたりだけど、最近少しぎこちない。今日も、女子とふたりで体育倉庫の裏に消えていく春惟を見つけた慧斗は、思わず兄を追いかけて……?「『お兄ちゃん』だろ?我慢して」揺れ動く彼らの気持ちとカラダの向かう先は?

【感想】
発売日にアニメイト限定盤が届きました。
某防衛部が好きな私には、俺得なキャスティングにワクワクしながら聴きました。

周りの目や親のことを気にしながら、惹かれ合う…のは、BL、義兄弟モノの萌えポイントですねv。
弟大好きお兄ちゃんと仕方ないな、なんて思いながら受け入れていく弟くんがいいです。
本編、特典共に、仕掛けていくのはお兄ちゃんの方なので、
『after Disc』の方では、お兄ちゃんが困惑するくらい攻める弟くんが聴きたいなぁ~。
どうしても受であるはずのお兄ちゃんの方が優位な感じなので…。
あと乳首のくだりは、私にはマニアック過ぎだったよ;。
個人的には、お口でするまっすーが聴けてよかったですv。
しらいむもメインが初めてだったなんて…。
演技が上手すぎて、次にも期待しちゃいますね♪

Return

* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-11-21 (Mon)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。


***



【CD情報】
キャスト▼

椚オウギ(α):立花慎之介 宮内カナエ:村瀬歩 (Ω)
ハヤト:八代拓(α) 中谷ゆう:山谷祥生 (β)
早乙女:堀江瞬 寸胴鍋:伊東健人 ツル:河西健吾 
李:白井悠介  宵越:德石勝大 ユキ(α):酒井広大

あらすじ▼
 “皆が妊娠させたい男子”転校生のカナエを見た同級生達は全員彼を犯したいと本能で感じてしまう。一目で犯したいと思った相手、そこに愛は芽生えるのか。閑静な田舎町に訪れた転校生・カナエ。カナエを見た瞬間、クラスの全員が彼を犯したいという思考に捕われてしまう。それはカナエの特異体質により本能が刺激される拒絶不可能な誘惑だった。クラスのリーダー的存在であるオウギもカナエを自分のモノにしようと策をねり始める。自身の意思に関係なく周囲を欲情させてしまうカナエをオウギは守り続けるが、ついにカナエがクラスメイトにレイプされるという事件が起きる。性欲、恋、友情、嫉妬…交差するそれぞれの思惑が描く波乱の青春BL。

【感想】
原作は電子版で既読済みです。
アニメイト限定盤を買ったので、トークCDと冊子が付いてました。
箱入りだったので、届いた時にビックリしましたw。

キャストの皆さんも楽しく演じられていて、良かったです。
1コマ目を読んだ時から、ハマってしまった作品だったので、
原作に忠実にCD化されてて、すごくうれしかったですv。
オメガバースはまだ2作目ですが、独特な世界観がクセになります。
性欲に負けてしまわないように葛藤する姿がとても切ないです。
ちゃんとクラスメイトとのやり取りも描かれているので、
メインの2人以外のキャラもちゃんと立ってます。
寸胴鍋やツルって、ずっとあだ名だと思っていたけど、本名だったんですねw。

村瀬くん…本当にピッタリでかわいいカナエでした。過去のカナエのかわいさの破壊力は異常ですv。←褒め言葉だよ。こんな子にじーっと見つめられているオウギが憎いですw。
立花さん…こういう天才気質の役が本当にピッタリ。品のあるお声なので、合理主義なオウギがカッコよく見えました。←原作を読んだ時は、序盤のオウギさんがちょっと苦手だったので…;。

レイプや近親相姦、堕胎など、
ちょっと取っつきにくい描写がありますので、苦手な方はご注意を。

オメガバースモノでいつも考えちゃうのは、『自分が望まない関係』は切ないを通り越して苦しいです。
男女の他に3つに別れた性。
フィクションだから楽しめるけど、Ωとαは本当に生きにくい世界だよね。
私は確実にβだろうけど…。


【原作】

↑本編では、とことんひどい目にあっているハヤトさんですが、ゆうちゃんとの馴れ初め話も載っているので是非。
おまけでのカナエと校長のやり取りもほっこりします。←裏口入学はよろしくないが…;。

Return

* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-10-11 (Tue)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。



***



【CD情報】
キャスト▼
桜井幹:古川慎 椿屋晟生:谷山紀章
蓮見深也:西山宏太朗 
日向葵:髙橋孝治 更科翔真:布施川一寛 
チーム動物園:渋谷彩乃/齋藤綾/羽月理恵
男子:馬康一/小出弘
女子:小堀幸/陽向さおり/山本亜衣

あらすじ▼
 法学部に通う御曹司・椿屋晟生と教育学部一のモテ男・桜井幹は、食えないオンナはいないとされる合コン負けなしのイケ男子。
ハズレだった合コン帰り、「アレならお前の方が勃つ!!」と言われ、酔った勢いもあり、おかしなテンションでラブホテルに行くことに…!
ノリで入ったはずなのに本当に勃たせてる晟生に驚きつつも、仕方なく手で抜いてやる内に自分も勃ってしまう幹。
好奇心と興味もあり、次第にエスカレートする行為。快楽の前には理性なんてあっというまに砕け散り気付けば事後…!?
合コンレジェンドの最強コンビに危機到来! 微妙に変化するふたりの関係、このカタチは恋か友情か――?

【感想】
原作…電子版で既読済みです。
買ったのいつだったっけ?…って思うほど前です;。
マリンさんで買わなかったので、トークCDはなしです。
人様の感想で賛否両論だったので、少し気になりました。何喋ったんだろう~??

おわる先生の漫画…受がエロかわいくて大好きです。
ほぼほぼ原作通りに作ってあるので、大満足ですv。

古川さんの受を初めて聴きましたが、エロかわいい幹くんでしたv。
悩みながらも体は感じちゃう…みたいな。大好物ですっvv。
晟生役の谷山さんもイメージピッタリでした。俺様な攻…まんまですねw。
深也役の西山くんは小さくてかわいい子を演じているイメージが強かったので、
ちょっと意外性があって新鮮でした。←某絆の子を思い出しましたw。
意外といえば、チーム動物園がかわいい声だったので、ビックリしましたww。

本編最後の寝惚けている葵にバレないように、声を我慢している幹がツボでしたv。
こういうシチュエーション大好物なので、余計に…(・∀・)ニヤニヤ。


【原作】

Return

* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-09-27 (Tue)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。


***



発売日に密林さんから届いたのに、今頃up;;。

スパラバラジオでずっと皆川さんとまえぬが「大変なことになっている」って、言っていた意味が分かりました。
まさかのあの人が再登場でビックリしました。
そしてさらに…。また記憶喪失になるんじゃないか、ハル…っ。
ハルが無事かどうか…次号が気になります。レンが悲しい想いをしない方向にお願いしたいところです。

セカコイ…新たな男が登場しましたね。
傷心な律っちゃんを立ち直らせた友人・尚。
留学時代の律っちゃんの話で揺さぶりをかけてきます。
高野さん…心中穏やかではいられない状態に→やきもちエッチに突入v。
読んでいる側からすると、(・∀・)ニヤニヤしちゃういい展開ですなv。

Return

* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-08-16 (Tue)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。



***



【CD情報】
キャスト▼
時枝計:松岡禎丞 堤次継: 佐藤拓也 千賀駅人:杉山紀彰 
友人:中村温姫 講師:中村太亮
社員:森史絵/鳴海和希/伊達忠智 常務:佐々木健太
計の子供時代:飯田友子 次継の子供時代:小堀幸 子供:天野柚希子

あらすじ▼
 Ωである計は、最高のαと番になって幸せになる日を夢見ながら、日々自分磨きに励んでいる。運命の相手の条件は、高収入、高学歴、超美形のα。しかし月に一度訪れる発情期の間、計は幼なじみであるβの次継とセックスに溺れる。いつか番を見つけ、やめなければと思いながらも次継の優しさに甘えてしまう計。そんなある日、合コンで理想通りの超絶エリートのα・駅人と出会う。けれど、駅人はたくさんのΩを囲い、ハーレムを作るようなゲス野郎だった……!Ω、α、βの3種の人間が繰り広げる恋愛ドラマが満を持して音声化!

【感想】
原作は電子版で既読済みです。
アニメイト通販で買いましたが、ちゃんと特典が付いているか…
届くまでの間、ずっとドキドキしてましたが、付いてて良かったです。
↑他のCDと一緒に買ったので、発売日から3週間以上待ってたので;。

原作から好きだったので、音声化してどうなっているか…凄く楽しみでした。
メインの3人ともイメージにピッタリだったので、良かったですv。

計…エロくてかわいかったですv。「さみしくて、お尻しんじゃう」と「赤ちゃんできちゃう」が聴けて幸せですっ。
次継…計に振り回されながらもずっとそばにいてくれた彼ですが、最後は計と幸せになれて良かった。佐藤さんの攻声…大好きですv。
駅人…原作でもクズでしたが、杉山さんが素敵に演じてくれたので、言っていることは一緒なのに、ちょっとカッコよく見えてしまいましたw。

本編では辛い目に合っている計だったけど、アフターストーリーと特典CDで甘々ラブラブな結婚生活が聴けて良かったですv。


【原作】

Return

* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-08-04 (Thu)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。



***



【CD情報】
キャスト▼
城谷忠臣:立花慎之介 黒瀬陸:前野智昭 
三上:福島潤  倉本:千葉一伸
城谷の父:濱野大輝 少年城谷:吉田麻実 植田:藤堂真衣 
アナウンサー:高宮彩織 先生:増元拓也

あらすじ▼
 黒瀬の指に、言葉に、翻弄される城谷。そんな彼に黒瀬は告げる。「城谷を好きになった理由」を……。ショックで黒瀬の元を飛び出した城谷は疼く体に自ら手を伸ばしてしまい、ずっと目を背けてきたトラウマを呼び起こされる――…。

【感想】
原作…電子版で既読済みです。

今回は内容が内容なので、手元に届いても、なかなか聴けませんでした。
原作で読んだ時も少々気分が良くない話だったので、
音声化したらどうなるんだろう、とは思っていたんですが…;。
BL作品だし、音も抑えめかも…なんて甘い考えでしたね。
意外とガッツリありましたね。城谷父と植田嬢のアレなシーン;。
やっぱり小学生になんてモノを見せてるんだ。この女って思いましたw。
ある意味、
原作に真っ正面から向き合って作ってくれているスタッフさんだということが分かりました。

分かっていても、初っ端からのお尻を攻められてるシーンはビビりますねw。
城谷さん…かわいかったけどv。
あと、本編ラストの泣きじゃくる城谷さんに、「子供みたい」って言う黒瀬くんがステキでした。
原作から好きなシーンだったので、余計にきゅんきゅんしましたv。

今回は番外編が癒しでした。
指相撲をする2人。城谷さん…こんなエロい声が漏れていたんですね。
そりゃあ、外でやっちゃ駄目ですよww。

次巻…
今度は黒瀬くんの過去話とついに2人が…な展開なので、ドラマCDも続いて欲しいなぁ~。


【原作】


Return

* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |