だらだら雑記ブログ。 リヴリーの観察日記など。腐カテゴリがありますので、苦手な方はお気をつけ下さい。
【BLCD】『花のみやこで』
2014年10月03日 (金) | 編集 |
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。




***


花のみやこで花のみやこで
(2014/03/28)
ドラマ、野島裕史 他

商品詳細を見る


【CD情報】
キャスト▼
辻村基晴:日野聡 蓮見晶:野島裕史 
有川洋一:小野友樹 御崎詔太:武内健
辻村基晴(60代):堀内賢雄  有川真希:塙愛美 有川の母:河村瑠璃 
洋子・芸妓B:岡田恵 鈴千代:白川愛美 女将・芸妓A:川名敦子 
宮古・有川の父:西田紘二 学生A・基晴の父:國分和人 学生B・テキヤ・レポーター:本田裕之

あらすじ▼
・辻村医院の次男として生まれた辻村基晴は、幼い頃に出会った友人・蓮見晶にずっと想いを寄せている。一度告白したものの受け入れられず、距離を置かれてしまう。それでも晶と同じ大学に進み、同じ研究室に入る。基晴は葛藤しながらも、すべてを忘れようと芸妓遊びの日々を送っていた。そんなある日、晶に一緒に帰らないかと誘われ、昔に戻ったような感覚になる。友人としてでも隣に居られるのなら――そう思っていた基晴だったが…

【感想】
こちらも発売日に買って、今頃感想up;。
原作も電子書籍で既読済み。

『花のみやこで』と『花のみぞ知る』の続編『花のみごろに』の2作品収録。
辻村先生と御崎のおじいさんの若い頃の話。
両想いでも結ばれなかった恋の話なので、切なかったです。←絡みのシーンも切ない。
10歳の頃の演技も日野さんとノジ兄なのも必聴。←かわいかったよw。

続編の方は原作を読んでいた時も思ったが、有川のお姉ちゃんグッジョブでしたw。

【原作】
花のみやこで (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 133)花のみやこで (H&C Comics ihr HertZシリーズ 133)
(2013/03/09)
宝井 理人

商品詳細を見る

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック