03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-11-21 (Mon)
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。


***



【CD情報】
キャスト▼

椚オウギ(α):立花慎之介 宮内カナエ:村瀬歩 (Ω)
ハヤト:八代拓(α) 中谷ゆう:山谷祥生 (β)
早乙女:堀江瞬 寸胴鍋:伊東健人 ツル:河西健吾 
李:白井悠介  宵越:德石勝大 ユキ(α):酒井広大

あらすじ▼
 “皆が妊娠させたい男子”転校生のカナエを見た同級生達は全員彼を犯したいと本能で感じてしまう。一目で犯したいと思った相手、そこに愛は芽生えるのか。閑静な田舎町に訪れた転校生・カナエ。カナエを見た瞬間、クラスの全員が彼を犯したいという思考に捕われてしまう。それはカナエの特異体質により本能が刺激される拒絶不可能な誘惑だった。クラスのリーダー的存在であるオウギもカナエを自分のモノにしようと策をねり始める。自身の意思に関係なく周囲を欲情させてしまうカナエをオウギは守り続けるが、ついにカナエがクラスメイトにレイプされるという事件が起きる。性欲、恋、友情、嫉妬…交差するそれぞれの思惑が描く波乱の青春BL。

【感想】
原作は電子版で既読済みです。
アニメイト限定盤を買ったので、トークCDと冊子が付いてました。
箱入りだったので、届いた時にビックリしましたw。

キャストの皆さんも楽しく演じられていて、良かったです。
1コマ目を読んだ時から、ハマってしまった作品だったので、
原作に忠実にCD化されてて、すごくうれしかったですv。
オメガバースはまだ2作目ですが、独特な世界観がクセになります。
性欲に負けてしまわないように葛藤する姿がとても切ないです。
ちゃんとクラスメイトとのやり取りも描かれているので、
メインの2人以外のキャラもちゃんと立ってます。
寸胴鍋やツルって、ずっとあだ名だと思っていたけど、本名だったんですねw。

村瀬くん…本当にピッタリでかわいいカナエでした。過去のカナエのかわいさの破壊力は異常ですv。←褒め言葉だよ。こんな子にじーっと見つめられているオウギが憎いですw。
立花さん…こういう天才気質の役が本当にピッタリ。品のあるお声なので、合理主義なオウギがカッコよく見えました。←原作を読んだ時は、序盤のオウギさんがちょっと苦手だったので…;。

レイプや近親相姦、堕胎など、
ちょっと取っつきにくい描写がありますので、苦手な方はご注意を。

オメガバースモノでいつも考えちゃうのは、『自分が望まない関係』は切ないを通り越して苦しいです。
男女の他に3つに別れた性。
フィクションだから楽しめるけど、Ωとαは本当に生きにくい世界だよね。
私は確実にβだろうけど…。


【原作】

↑本編では、とことんひどい目にあっているハヤトさんですが、ゆうちゃんとの馴れ初め話も載っているので是非。
おまけでのカナエと校長のやり取りもほっこりします。←裏口入学はよろしくないが…;。
スポンサーサイト
* Category : BL語り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する