だらだら雑記ブログ。 リヴリーの観察日記など。腐カテゴリがありますので、苦手な方はお気をつけ下さい。
【BLCD】『狂い鳴くのは僕の番』
2017年06月27日 (火) | 編集 |
感想upです~♪

この記事は、カテゴリー名でも分かるようにBLモノの感想となります。
苦手な方やBLの知識が無い方はご遠慮下さいませ。
大丈夫な方は追記からどうぞ↓。


***


【Amazon.co.jp限定】狂い鳴くのは僕の番 (初回限定版)(楔ケリ先生描き下ろしブロマイド付)

【CD情報】
キャスト▼

烏丸雅(Ω):白井悠介 高羽慧介(α):古川慎
鵜藤慎吾(β):新垣樽助 飛永渉(α):川原慶久
家庭教師:石川賢利 烏丸父:奥村翔
部長:外崎友亮 NEO社員:松浦義之 烏丸弟:藤原由林

あらすじ▼
 一流企業に転職し、新天地へ希望を馳せるサラリーマンの高羽。だが入社早々、直属の上司である烏丸の秘密《人を惑わし、劣情を煽る特異体質》を知ることに。烏丸は自らの肉体を武器にキャリアの地位におさまっていたのだった…。今宵も股を開き、サカる男たちを受け入れる姿に嫌悪感を覚える高羽だったが、からかうように、烏丸の標的は高羽へ――?「番にしてくれんの?――同情で番になれんの?」--原作コミックスの魅力を余すところなく収録した、完全ノーカットの2枚組み仕様!

【感想】
原作は電子書籍版を既読済み。
単巻購入だったので、CDのおまけにもなっている『一生ぶんの約束』は未読。
このCDはアニメイトオンラインショップで初回限定盤を買いました。
アナザージャケットの方がエロくて好きですv。

原作に忠実に作って頂いて、凄く嬉しかったです。
スタッフさん、ありがとうございますっv。
キャストさんも合っている方々ばかりで、耳が幸せですvv。

烏丸さん総受け状態だし、しかも回数も多いし、相手も多いしで大変だったんじゃないかと思います。
フェロモンムンムンで、αなら誰も抗えない烏丸さんのエロスが凄かったですv。
しらいむの演じる受が益々好きになりました。
子供時代、そして飛永さんと付き合っていた頃の烏丸さんが健気でかわいくて、凄い破壊力でしたv。

高羽くんの裏表がある感じが見事に表現されていて、良かったですw。
烏丸さんにも言えるけど、徐々に惹かれていく姿に萌えまくりました。
『自分の体を大切にしてください』はときめくよね~w。
今作で、番を持てなかったΩの悲しい人生を彼の父親で垣間見ることができました。

オメガバースにすっかりハマってしまいましたが、いつも切ない気持ちになります。
Ωはもちろん生きにくい世界ですが、烏丸さんみたいにαを利用して、
上に這い上がっていこうとしている姿は痛々しくもあり、男前にも見えました。
高羽くんと末永くお幸せにっ!

不憫な役回りの鵜藤さんも幸せになって欲しいなぁ~。
続編の『狂僕β』では、鵜藤さんが主役ですので。
そちらもいずれCD化して欲しいところです。

飛永さんはクズなので、無視です。無視っ。
あんなにかわいい烏丸さんを裏切るなんて…。
…まぁ…テーブルの下で烏丸さんにイタズラするところはグッジョブでしたけど…

アプリゲー付きなので、これからやってみようと思います。
ネコな烏丸さんを魔の手から守るゲームだそうです。早速DLしよう♪


【原作】

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック